部活動の活躍

カテゴリ:写真部

写真部へ希望する1年生へ

*写真部へ希望する1年生へ

5月26日㈫に担任の先生へ、本文と同じ内容のプリント掲示をお願いしておきました。

確認しておいてください。

 

静高写真部は1学年10人の人数制を採用しています。理由は、学校のホームページ「部活動紹介」のページに記載してありますのでご確認ください。

希望者多数の場合は抽選にて決定しますので、選に漏れた場合に備えて、予め他の部活の見学をしておいてください。

 

①6月1日㈪の放課後、写真部部室に入部希望者抽選票を取りに来てください。

入部希望者抽選票に、以下のAとBについて記入をしてください。

A,入部希望の理由(詳細に)

B,現在所有しているカメラ・レンズについて(メーカー、機種名、レンズのmmなど)

*所有していなくても、抽選に影響はありません。

②6月2日㈫の昼休み終了後までに、写真部部室の扉に設置してある封筒に入れておく。

③6月3日㈬視聴覚教室の廊下、写真部掲示板に、入部決定者を張り出して発表します。

④残念ながら選に漏れた方は、大至急、次の希望部活を探すこと。

令和元年度 静岡県中部高等学校写真連盟 第3回写真教室 開催しました。

令和2年2月16日(日) 本校の同窓会館2F大会議室において【令和元年度 静岡県中部高等学校写真連盟 第3回写真教室】が開催されました。

 

静岡高校・清水東高校・静岡西高校が幹事校となり、受付・配置・案内などの業務を分担して8校100人以上の写真部員をお迎えいたしました。
他校を迎えての運営や業務分担・具体的な動き方など、写真以外でも実り大きな一日となったことでしょう!

 

 セレクトの様子を見ながら研修します。

 

 

 

各校の作品受付作業

 

内容はコンクールと講演です。

入選43・優秀賞3・最優秀賞1作品を講師の先生に選んでいただき、静岡高校は7点が入賞となる、近年まれに見る好成績を収めました。

日本写真作家協会会員の露木義光先生(JPA大賞文部科学大臣賞、JPC推薦内閣総理大臣賞ほか )を講師に迎え、具体的な構図取りから、組み写真の在り方の説明をして頂きました。

写真部と山岳部と合同清掃奉仕活動in静岡浅間神社

日ごろ、撮影ポイントとしてお世話になっている静岡浅間神社の清掃を行ってきました。

同じくトレーニング場所としている山岳部と合同です。

写真部顧問はセンター試験後の三者面談が予定されており参加できませんでしたが、熱心に取り組んでいたというお話を聞き「さもありなん」と感心しているところです

お土産に神社エンピツをいただいて、「これで共通テストを突破するぞ!」と心を新たに、すがすがしい気持ちで静高に帰ってきました。

 

 

グループ 県立美術館「やなぎみわ展」で構図勉強会

1月13日㈪成人の日に、県立美術館で開催されている「やなぎみわ展」に行ってきました。

部員一同が衝撃を受けたのが《エレベーター・ガール》や《マイ・グランドマザーズ》などの組写真。

今までの静高写真部はあるがままの自然の中に芸術性を見出す、という姿勢でしたが、被写体そのものを創出し撮影するという新たな概念を獲得することができたのです。

やなぎみわ氏の講演も聴講して、有意義な時間を過ごしました。

写真部の撮影構図勉強会

写真部は昨年の12月14日、討ち入りの日に静岡市美術館にて開催されている「バルセロナ展」に行き、展示されている写真・絵画を鑑賞して、自分たちが実際に撮影する際に考察すべき構図の勉強を行いました。

また、令和2年1月13日には県立美術館「やなぎみわ展」に行き、展示写真の鑑賞と作家の講演を聴講します。

写真部は自分たちの作品の撮影・展示以外にも、様々な芸術に触れ、本物を観る機会を増やしていきたいと考えています。