部活動の活躍

カテゴリ:ラグビー部

第69回静岡県高等学校総合体育大会ラグビーフットボール競技の結果報告

本校ラグビー部の高校総体が終了いたしましたのでご報告させていただきます。

第一戦は、5月8日(土)に遠州灘海浜公園球技場で行われました。試合結果は以下の通りです。

静岡 7ー73 浜松工業

試合の結果、敗者戦へまわりました。

第二戦は、5月23日(日)に県草薙球技場で行われました。試合結果は以下の通りです

静岡 40ー5 焼津水産

3年生7人(選手6名+マネージャー1名)が一つ目標としてきた大会が終了しました。心身ともによく練磨し、厳しい状況にあっても最後まで闘う姿勢を示してくれたことに感謝したいです。人数や練習環境を言い訳にせず、与えられたものでどう闘うかということを模索した1年でした。

彼らが1年生の頃からすでに本校は合同チームで彼らはなかなか試合にも出られない状況でした。しかし、本校では例年にないほど当時の3年生が花園予選まで引退せず残ってくれて、単独チーム•伝統の赤黒ジャージの復活に感動したのを覚えています。2年生の頃は、新型コロナウイルス蔓延に翻弄された1年でした。高校総体の中止を受け急遽の代替わり、先輩の思いを込めて闘うと決意しこの代の活動が始まりました。単独チームで人数ギリギリの中でも、手を抜かず勝つための準備を行う姿勢に何度も熱くなりました。結果こそなかなか伴いませんでしたが、この姿勢は後輩へと紡がれていくと思います。

支援してくださった保護者や学校関係者の皆様に勝つことで恩返しをすることは果たせない代となりましたが、彼らが厳しく己を練磨してきた姿は本物であります。是非、選手•マネージャーを労っていただけたらと思います。

翌24日(月)には新幹部が発表され、次の代の活動が始まりました。先代が繋いでくれた本校ラグビー部の闘う姿勢を後輩たちも継承してくれるものと思います。『知的戦略とフィジカルの融合』と部訓にある通り勝つことへの探究を継続することをお約束いたします。

今後も変わらぬご支援とご声援をよろしくお願いいたします。

第8回7人制ラグビーフットボール県大会結果報告

 第8回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会静岡県大会が4月25日、東海大静岡翔洋高等学校グラウンドで開催された。

 本校はシード校の科学技術を22ー14で下し、準決勝へ進出した。準決勝では、東海大静岡翔洋に12ー42で敗れ、静岡聖光学院との同率3位という結果で大会を終えた。

 来月より始まる15人制の高校総体へ向けていい経験となった。

静岡県高校ラグビー優秀選手を発表

 静岡県ラグビー協会はこのほど、2020年度の県高校ラグビー優秀選手を発表し、本校の日野坪英亮が公立高校で唯一選出されました。なお表彰式は通常高校ラグビー新人戦大会の決勝戦に行われていますが、今年度は新型コロナウイルス感染防止のため式典が中止されたため、本校校長室で表彰が行われました。

 大学ラグビーに挑戦するということなので、さらなる飛躍と活躍を期待しています。ケガには気をつけてアグレッシブなプレーで会場を沸かしてください。

令和2年度第50回静岡県高等新人ラグビー大会 結果報告

第50回静岡県高等学校新人ラグビー大会が県草薙球技場で行われました。

試合結果は以下の通りです。

一回戦 静岡 7ー18 科学技術

敗者戦 静岡 7ー14 ※合同

※合同:沼津工、清水南、常葉大橘

まず、大会開催が危ぶまれる中、公式戦の機会を設けてくださりありがとうございました。

大会を通して収穫はありましたが、結果が全てです。

組織の弱さを省み、春休みの強化練習等を含めて、謙虚に総体へ向けて邁進していきます。

応援していただいた方々、対戦相手校の皆さまありがとうございました。

総体は一緒に笑いましょう!

新ポールカバー到着報告

目標としていた新人戦大会が延期となる中、新しいポールカバーが届きました。

併せてチームの士気向上を狙い、伝統の赤黒ジャージを着て写真撮影も行いました。

苦労なくして勝利なし

涙なくして王座なし

夢なくして栄光なし

気力なくして栄冠なし

みなさまのご支援と応援を力に変え、今後も自己の錬磨に励みます。現状維持は後退だ!

令和2年度選手権大会結果報告

10月11日、選手のコンディション不良により15人を揃えることができず、選手権大会初戦は不戦敗となりました。しかし、科学技術高校はじめ関係各所の協力により本校選手14人で試合を行いました。

3年生を主力とするチーム相手に、14人で挑むということで個々によいプレーは見られたものの厳しい試合となりました。

完敗して、試合に臨む準備の重要性を改めて考えさせられる試合となりました。新人戦へ向けて、個々の責任感の向上、ならびに心身共に強くなってもらいたいと思います。

引退した3年生も駆けつけてくれて、また保護者の方の声援や試合にあたって準備してくださった科学技術高校はじめ関係者の皆さま、ありがとうございました。

サーキットトレーニング週間終了!

先週から続いていたサーキットトレーニングが終了した。

各人が己自身と向き合い、弱さを認識し、挑戦する、そんなサーキットであった。

毎年ながらこのサーキットを経て、心身ともに大きく変化する者が現れる。

今年はそれが誰なのかを楽しみにしている。

来月頭の花園予選へ向けて、気持ちは作った。

戦術研究を行い、2学年だけでの勝利にこだわっていきたい。

秋季サーキットトレーニング週間

来月に控える選手権大会(通称花園)へ向けて、本校ラグビー部では恒例のサーキットトレーニング週間に突入した。今年は、『自立した個人』を目標に1週間で心身共に徹底的に追い込む。

2年生は疲労感を見せながらも下級生を鼓舞し続ける姿が見られ、昨年度からの成長を感じさせられた。1年生も歯を食いしばりながら食らいつき、初日を終えた。

厳しい練習週間だが、毎年脱落者はいない。全員で鼓舞し、乗り切る姿は例年通り。これは、代々先輩方から引き継がれてきた伝統がそうさせる。雰囲気の良さは自慢だ。

2学年だけで花園予選勝利、そして、新人戦での東海大会出場を達成すべく日々是決戦と心得てもらいたい。

令和2年度静岡県1年生大会

13日、東海大静岡翔洋高校グラウンドにて令和2年度静岡県1年生大会が開催されました。

初戦の東海大静岡翔洋高戦では経験値の差をみせつけられ敗戦も、順位決定戦で科学技術高に勝利し昨年度に続いて5位という結果でした。

1年生10人で臨んだ本大会、単学年で単独チームとして出場できることに喜びを感じながらの試合となりました。選手主体で練ってきた戦術が試合でいかされた場面もあり、多くの反省点とともに1年生個々に充実した大会になりました。

来月には2学年だけで挑む選手権大会、その先にある新人戦でのプレーに本大会の経験をチームに還元してもらえたらと思います。

今後も1、2年生で士気高く心身ともに錬磨してまいります。

 

 

花園予選へ向けて決意新たに

夏休みの強化練習期間を経て自分自身とチームの弱さと向き合いました。まだまだ発展途上のチームである自覚をもち謙虚に日々の練習に励んでいきます。

花園予選へ向けての写真撮影があり、1年生は初めて伝統の「赤黒ジャージ」を着ることになり、2年生共々ファーストユニフォームがもつ伝統の重みとチームのプライドを感じたところです。

今年度の予選は1・2生だけで臨みますが、他校の3年生の想いに恥じない闘志をもって、試合へ向けて準備していきます。その先の新人戦へつながる戦いをみせます。