校長室より

With Smile !

 6月、静岡県公立高等学校PTA連合会の研修会で「大人が子供に渡せるもの~感謝と喜びの循環」と題して、一般社団法人・笑い文字普及協会・代表理事の廣江まさみ さんに、御講演をいただきました。

 「ありがとう」で広がるコミュニケーションと、「笑い文字」で伝わる喜びなど、廣江さんのお人柄溢れる、朗らかで温かな楽しい講演会でした。

 講演後、廣江さんに「笑い文字」をポストカードに描いていただく機会がありました。私からのリクエストは、校訓「卬高」の二文字。自ら立てた志や希望に向かって、困難や苦労があっても、笑顔で進んで欲しいと、願いを込めて書いていただきました。

2学期以降、校長室入り口に掲示しています。                                                                                    校長 志村剛和

 

ごあいさつ

静高生は卬高生(こうこうせい)

静岡高校は校訓である「卬高(高きを仰ぐ)」と三つの実践目標のもと、勉学に励み、豊かな感性と道徳心を備え、何事にも主体的に行動する生徒を育成すること、将来社会の様々な分野で活躍するリーダーを育成することを、教育目標としています。

「卬高」とは、その時その時の自分に満足せず、自らを成長させていくこと。高い志を持ち、日々の授業、学校行事、部活動等を通して、自らを高めていくこと。各自の選んだ道で、持てる能力を生かし発揮し、社会に貢献すること。このような意識を生涯にわたり持ち続けること。静高生には、卬高生(高きを仰ぐ生徒)であることを求めています。

私たち教職員一同、高大接続や入学者選抜等の教育を取り巻く状況の変化を捉え、時代の変化や社会の要請を念頭に、様々な教育活動を通して、生徒達の高い志と主体性を持った取り組みを引き出し、支え、育んでいきたいと思います。

静岡高等学校 学校長 志村 剛和